仕事に集中できる!電話代行サービスのオススメとは

IT

ブラックボックスを壊す

かつてブラックボックスと化していた営業マンの商談履歴や顧客情報は近年、「営業支援システム」の導入によって「見える化」されることが主流になってきている。これには営業マンの意識改革も必要だ。もちろん導入にはコストはかかるが、必要な設備投資と認識しなければならない。

女の人

現代のビジネスに不可欠

近年注目されているキーワードとしてCRMがあり、顧客管理をシステム化し、社内で顧客情報を共有する手法です。顧客中心に考えられたシステムのため、より顧客の趣向や購買行動を管理でき、今後の売り上げ予測もしやすくなるでしょう。

電話

依頼できる範囲を理解する

電話代行によって電話応対の時間を削減できるため、利益を出すための仕事に充てる時間を増やすことができます。ただし、電話代行の業者を利用する時はまず依頼できる対応の範囲を理解する必要があります。そのため、業者のプランの詳細を知ることが大切です。

電話をアウトソーシング

通話

不在でも用件を逃がさない

現在ではさまざまなアウトソーシングサービスが普及しており、ビジネスの効率性を高めるのに役立っています。そんな中、主として小規模事業者などによく利用されているのが、電話代行サービスです。電話代行サービスとは、自社あての電話をプロのオペレーターに代理応答してもらえるサービスです。使い方は簡単で、電話に専用機器を接続し、出かけたり帰社したりする度に転送設定を切り換えるだけです。電話代行サービスを導入すれば、社員が不在の間にかかってきた大事な電話を取り損なう心配がなくなります。留守番電話の機械的な応答とは異なる人間的な対応によって用件が聞き出しやすくなるので、後々の対応も楽になります。電話代行サービスにはさまざまな種類がありますが、一般的には社名または個人名での電話応答・内容の徴収及び報告・営業時間外アナウンスの3点セットが基本になっています。内容報告は以前はFAXによって行われていましたが、最近は対応終了後すぐにメールで知らせてくれる方式が主流になっています。費用はコール数に応じた定額制を採用しているところが大半を占めます。月間80〜100コールで10,000円前後、上限を超えた場合は追加1コールにつき100〜150円というのが平均的な相場です。なお、このサービスは事業者によってはさらに高度なものにカスタマイズすることも可能です。たとえば通信販売の注文受付、期間限定キャンペーンへの対応、カスタマーサポートなどにも活用できます。